english русский japan

ウズベキスタン: 文化

ウズベキスタンの基本情報

文化

タシケント

サマルカンド

ブハラ

ヒヴァ

シャフリサブズ

テルメズ

ヌラタ

フェルガナ

チムガン

 

お勧めツアー

 

 

 

 

コンタクト:

TEL: (+998 71) 237 45 33,

(+998 71) 237 45 34   

FAX: (+998 71) 237 51 10

E-mail: gts-travel@sarkor.uz

文化:工芸/演劇/食文化

タシケントは独立したウズベキスタンの首都です。タシケントは現代的な大都市であり、中央アジアとCIS(独立国家共同体)のなかで最も大きい産業・科学・文化の中心地の一つです。

 

タシケントは、天山のふもとのチルチク川谷に位置しており、海抜480メートルです。面積は2万5000ヘクタール(約250平方キロメートル)です。

 

タシケントはモスクワ、サンクトペテルブルグ、キエフに次ぐCIS(独立国家共同体)の大都市です。

 

タシケントはウズベキスタンの古代都市の一つです。タシケントはクシャーン帝国の破滅、エフタル国家の成立、チュルク・カガン国の最盛期、アラブ人による征服、チンギス・ハーンの大群、ティムールの統治など、さまざまな歴史的変遷を経ています。

 

 

 

残念ながら、考古学的発掘や史書により得られる情報はタシケントの歴史を完全に明らかにすることができませんが、タシケントの年齢は約2200年といわれています。長い歴史の流れの中で、ビンケント、シャシ、チャチ、タシケントとさまざまに呼ばれてきました。主要な隊商ルートが交差していた場所にあるタシケントはよく戦場になったものです。タシケント市の住民はもちろん征服者に抵抗しました。

 

タシケントでは中央アジアの遊牧民や隣接している国、そしてインドと東ヨーロッパ間の商売が繁盛していました。

 

ティムール統治時代には、タシケントは白オルダと黄金のオルドからの征服者にとって優先的な地域でした。

 

タシケント市の歴史的建造物はユニークです。タシケント市の名所はサマルカンド、ブハラ、ヒヴァの古代建造物と合わせて、ウズベキスタンの歴史的建造物全体の特徴を表現しています。タシケントでは、7世紀のコーランのオリジナルを見ることできます。