english русский japan

ウズベキスタン: シャフリサブズ

ウズベキスタンの基本情報

文化

タシケント

サマルカンド

ブハラ

ヒヴァ

シャフリサブズ

テルメズ

ヌラタ

フェルガナ

チムガン

 

コンタクト:


english

TEL: (+998 71) 237 45 33,

(+998 71) 237 45 34   

FAX: (+998 71) 237 51 10

E-mail: gts-travel@sarkor.uz

シャフリサブズ

 

シャフリサブズはティムールの故郷として知られる、パミール山のふもとに位置する都市です。当時は、ケシュと呼ばれる小さい町でした。ティムールの子孫はティムールの死後、シャフリサブズを発展させ続けました。シャフリサブズは、ウズベキスタン最も緑の多い都市の一つです。

 

アク・サライ

ティムールのアク・サライ白い宮殿は、シャフリサブズで最も素晴らしい古代建造物の一つであり、その建設には20年の月日がかかりました。しかし、17世紀にはブハラの王アブドラハンにより破壊されました。首長の夏用の宮殿は、サマルカンドの遺跡と同様に偉大さを失っていません。現在、宮殿には高さ40メートル、青色、白色、金色の豪華なモザイクの正門が残っています。それはおそらく、14世紀末に建てられたティムールの最も壮大な建造物だと考えられています。

 

コクグムバズ・モスクとドルツ・ティロバト

コクグムバズ・モスクは巨大なモスクであり、その建設は1437年に、ウルグベグの指示の下で完成しました。コクグムバズ・モスクはウルグベグの父であるシャフルフ(ティムールの息子)に敬意を表すために建てられました。ティムールの祖先が埋葬されているドルツ・ティロバト(瞑想の家)は、モスクの後ろにあります。ティムールとその父の精神的指導者であったシャイフ・シャムスッディン・クラルの霊廟は、ティムールの命令により1374年に建設されました。その廟は左側にあり、グムバジ・セイーダン(セイードのドーム)という建造物は右側にあります。グムバジ・セイーダンはウルグベグの指示の下で、その子孫のための霊廟として建設されました。